/

サトウのごはん、一部を値上げ 88年の発売以来初

サトウ食品工業は17日、主力の包装米飯「サトウのごはん」の一部商品を値上げすると発表した。包装米飯の販売量の約3割にあたる31品目が対象で11月21日出荷分から2~10円値上げする。原料となる国産うるち米の価格に加え、人件費や物流費などが上昇しているためという。同社が包装米飯「サトウのごはん」を値上げするのは1988年の発売以来初めて。

対象は「サトウのごはん 北海道産ななつぼし」や「同 宮城県産ひとめぼれ」など。北海道産ななつぼしは200グラム入りで税別150円だった希望小売価格を同160円に引き上げる。一方で主力商品の「サトウのごはん 新潟県産コシヒカリ」(200グラム入り同170円)は価格を据え置いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン