2018年8月17日(金)

井山王座が再び七冠 囲碁、名人位を奪回

囲碁・将棋
2017/10/17 19:15
保存
共有
印刷
その他

 囲碁の井山裕太王座(28)が17日、昨年11月に崩された七冠を再び達成した。高尾紳路名人(40)に挑戦した第42期名人戦七番勝負の第5局に勝ち、4勝1敗でタイトルを奪い返した。これにより王座、棋聖、本因坊、天元、碁聖、十段と合わせて七大タイトルを独占。将棋では1996年に羽生善治棋聖(47)が七冠となったが、2度目は囲碁将棋界を通じて史上初めて。

対局を振り返る井山裕太王座(右)(17日午後、静岡県熱海市)

対局を振り返る井山裕太王座(右)(17日午後、静岡県熱海市)

 七冠に返り咲いた井山王座は対局後、「自分なりに昨年より進歩したところを出せた。今後もこれまで通り一局一局を積み重ねるだけだが、まだ世界で良い結果が残せていないので精いっぱい挑戦し続けたい」と語った。

 名人戦第5局は静岡県熱海市で打たれ、午後6時36分、197手までで白番の高尾名人が投了を告げた。難戦を制した井山王座は、力を出し切った表情で深々と頭を下げた。

 井山王座は1989年大阪府東大阪市生まれ。12歳で入段してプロになり、昨年4月に初めての七冠となった。半年あまりで名人位を奪われたが、その後は六冠を守り抜き、名人戦の挑戦者を決めるリーグ戦を全勝して七番勝負に進出した。

 井山王座の師匠の石井邦生九段は「昨年の七冠達成よりも一段と困難な道のりではなかったかと思う」とコメント。羽生棋聖も「心、技、体のすべてがそろわなければなし得ない偉大な快挙」と称賛した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報