自民、重点区50超に幹部 希望は小池氏が地方遊説

衆院選2017
2017/10/17 23:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

衆院選は22日投開票に向けて後半戦を迎えた。自民党は野党候補と競り合う北海道や新潟県などを中心に50超の選挙区を重点区に指定、幹部を投入してテコ入れを図る。希望の党は小池百合子代表(東京都知事)が地方遊説を増やして反転攻勢を狙う。投開票日が迫るなか、与野党の攻防が激しさを増している。

「厳しい、本当に厳しい選挙だ」。安倍晋三首相(自民党総裁)は17日、秋田県能代市の街頭演説で、繰り返し支持を呼び…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]