2018年6月22日(金)

6/22 16:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 弱気相場入りした上海株 貿易摩擦懸念、IPO熱気冷め[有料会員限定]
  2. 2位: 投資破綻リスク、中国人投資家の甘え[有料会員限定]
  3. 3位: 東証前引け 反落 米景況感悪化を警戒 輸出関連に売り
  4. 4位: 株、割安放置 ちぐはぐ相場に隠された下落リスク[有料会員限定]
  5. 5位: 不二製油、株価堅調を演出した黒子の変身[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,598,048億円
  • 東証2部 100,608億円
  • ジャスダック 109,768億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.33倍 --
株価収益率14.68倍15.11倍
株式益回り6.81%6.61%
配当利回り1.62% 1.66%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,516.83 -176.21
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,460 -140

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

株価上げるか内部留保課税、衆院選後に警戒感も
編集委員 前田昌孝

2017/10/18 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日経平均株価は先週末に約21年ぶりに2万1000円台に乗せ、今週に入っても11日連続高と堅調だ。各種世論調査によると、終盤を迎えつつある衆院選は引き続き自民党が優勢で、小池百合子東京都知事が率いる希望の党は伸び悩んでいる。下旬から本格化する3月期決算企業の4~9月期決算発表では、2018年3月期通期の業績予想を上方修正する企業が相次ぐ見込み。好景気・好業績と株式相場には追い風が吹くが、選挙後には…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム