パナマ文書報道記者、マルタで殺害 車運転中に爆弾

2017/10/17 17:16
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界の富裕層や権力者の節税実態を暴露した「パナマ文書」の報道に加わった女性ジャーナリストが16日、地中海の島国マルタで車を運転中、爆弾の爆発により死亡した。何者かに殺害された公算が大きく、衝撃が広がっている。ロイター通信などが報じた。

死亡したのはダフネ・カルアナガリチアさん(53)。調査報道ジャーナリストとして有名で、政治家の腐敗や汚職を厳しく指摘してきた。同国のムスカット首相の妻らがパナマに会社を置く形で、資産を隠していたとの疑惑を報じていた。事件の直前にもブログを更新し、「不正している人がたくさんいて、状況は深刻だ」と投稿していた。カルアナガリチアさんは、最近、脅迫を受けていると警察に訴えていたとされる。

首相は一連の疑惑を受けて今年6月に前倒しで総選挙を実施し、圧勝していた。AFP通信によると、首相は16日の事件について「野蛮な行為。我々の民主主義と報道の自由にとって暗い一日となった」と批判。米連邦捜査局(FBI)の支援を受け、徹底的に捜査する考えを表明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]