/

この記事は会員限定です

VALUの危うい「軽さ」、理念と実態にずれ

[有料会員限定]

仮想トークン(代替通貨)を売買して個人の価値評価に使うサービス「VALU」が物議をかもしている。ルールの不備をついてユーチューバーが多額の利益を上げたまま「売り逃げ」し、消費者被害が広がった。運営会社のVALU(東京・渋谷)は利用規約を見直したが抜本的な解決に遠い。仮想通貨ブームに便乗した新サービスには危うさも漂う。

「売り逃げ」騒動で消費者被害

VALUは、共感したり応援したいと思ったりした人物に「投げ銭」を与えて気持ちを表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2273文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン