中国ネット通販 14億人の消費市場争奪戦

2017/10/17 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=小高航】中国の小売総額に占めるネット通販の比率は、2011年の約4%から16年に15%前後まで拡大した。スマホ決済や物流網の整備に伴い、ネット通販は生鮮食品など従来は実店舗が強かった分野に切り込む。ネットを舞台に14億人の消費市場の争奪戦が熱を帯びてきた。

「新しい小売りの姿だ」。アリババ集団の張勇最高経営責任者(CEO)は7月、上海の生鮮食品店「盒馬(フーマー)鮮生」を訪れた。盒馬は全…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]