/

上野動物園、全面禁煙検討 シャンシャン公開に向け

ジャイアントパンダの赤ちゃん、シャンシャン(香香、雌)が生まれた東京・上野動物園を全面禁煙にする方向で検討が進められていることが17日までに、動物園などへの取材で分かった。

10日、産室内で歩くシャンシャン(東京・上野動物園)=東京動物園協会提供・共同

園内の喫煙所は現在、パンダ舎から近い場所に1カ所ある。12月の赤ちゃん公開に合わせて喫煙所を廃止し、観覧する子供たちへの受動喫煙を防ぐ。プロジェクトチームを立ち上げて本格的な協議に入る。

東京動物園協会によると、都立の他の動物園などでも同様に検討するといい、各地で禁煙が進むことも予想される。全国的には既に禁煙にしている動物園はあるという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン