/

トルコ非常事態宣言、5度目の延長

【イスタンブール=佐野彰洋】トルコのエルドアン政権は16日の閣議で昨年7月のクーデター未遂事件後に発令した非常事態宣言の3カ月間の延長を決めた。延長は5度目となる。国会の承認が必要だが、与党が単独過半数を確保しており、承認は確実だ。

非常事態宣言に基づく反政権勢力への大規模弾圧と人権侵害について欧米諸国は批判を強めており、外交関係悪化の一因となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン