/

狭まる「クルド包囲網」 トルコが追加制裁

【イスタンブール=佐野彰洋】トルコ政府は16日の閣議で、9月に独立を問う住民投票を実施したイラク北部クルド自治政府に対する空域使用禁止などの追加制裁を決めた。記者会見したトルコのボズダー副首相はイラク政府と自治政府の係争地北部キルクークを巡るイラク軍の奪還作戦への支持を表明した。「クルド包囲網」が一段と狭まっている。

新たに決めた制裁は、クルド人自治区を発着する航空機のトルコ空域使用禁止と自治区との国境検問所管理のイラク政府への引き渡し。すでに軍事訓練の停止措置などを発動していた。

中東の衛星テレビ、アルジャズィーラは16日、イラク軍当局者の話として、軍がキルクークを完全に掌握したと伝えた。近郊の油田や基地などに加え、中心部の行政施設も支配下に置いた。

現地からの報道によると、クルド人住民や治安部隊ペシュメルガが街を離れる一方で、クルド側の実効支配に不満を抱いていたアラブ人やトルクメン人の住民たちは制圧を祝うためイラク国旗などを振りながら車を走らせた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン