インドネシア、空港大拡張 乗り継ぎ拠点へ4500億円

2017/10/16 22:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アジアで遅れていたインフラ整備が加速している。自動車の急増で主要都市は連日大渋滞するが、域内の人やモノの往来はさらに増え続けている。各国は交通インフラなどの整備を急いでおり、域内では2030年までに26兆ドル(約3千兆円)の需要が見込まれる。東南アジアの経済大国インドネシアは、首都ジャカルタの国際空港のターミナル拡張やアクセス鉄道の整備を進めている。利便性の高い乗り継ぎ拠点として国際競争力を向上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]