/

リゾートトラスト、非会員制高級ホテルで海外進出

リゾートトラストは非会員制の高級ホテルの海外進出に乗り出す。横浜市に2020年にホテルを開業するのに続き、10年間で海外5カ所程度で開業を目指す。14年に買収した米ハワイの高級ホテルのブランドを活用し、国内外の富裕層を取り込む。

リゾートトラストが開業する横浜の高級ホテルの室内イメージ

同社は16日に横浜市の臨海部の再開発地域で非会員制の高級ホテルの開業計画を発表した。同社としては初の「非会員制」の高級ホテルで、同地域に建設予定の会員制ホテル「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」に併設する。2つのホテルの総事業費は458億円。延べ床面積は約4万8000平方メートルで地上14階建て。部屋数は計284室にのぼる。

記者会見した伊藤勝康社長は横浜に続き、非会員制の高級ホテル事業を海外展開する方針を表明した。タイのバンコクやプーケット、インドネシアのバリ、シンガポール、香港など海外の観光地を例示した上で、「10年計画で、最低でも5カ所に進出したい」と語った。

同社は14年に米ハワイ州ホノルル市の高級リゾートホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」を買収した。「カハラ」ブランドで「非会員制」の高級ホテルの海外展開を狙う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン