ヤフーなど94社、ネットと店舗で買い物キャンペーン

2017/10/16 19:42
保存
共有
印刷
その他

ヤフーは16日、ネット通販と実店舗での合同キャンペーンを17日から約1カ月間実施すると発表した。「いい買物の日」と題し、同社のほかソフトバンクファミリーマート、共通ポイント「Tポイント」の加盟店など合計94社が参加する。ネット通販でポイントの付与率が高まるほか、店頭でも各社がキャンペーンを展開する。

「いい買物の日」の概要を発表したヤフーの川辺副社長執行役員(左)ら(16日、東京都)

いい買物の日の取り組みは今年で3回目。初回の5社、昨年の39社から参加企業を伸ばした。同日会見したヤフーの川辺健太郎副社長執行役員は「リアルだから、ネットだからと分断せず、シームレスに展開したい」と語った。

キャンペーンの目玉企画は総額3億円の賞品があたる日替わりのくじ。Tポイントのほか吉野家の牛丼並盛り1年分などをそろえる。このほか参加企業が独自に販促活動に取り組み、例えばヤフーは通販サイト「ヤフーショッピング」でポイントが通常の11倍になるキャンペーンを来月11日に実施する。

いい買物の日は、中心となる11月11日の「11=いい」をもじって生まれた。この日は、中国では電子商取引(EC)最大手のアリババ集団などが「独身の日セール」と銘打った大規模なネットセールを開催する。

一方、国内では足元で宅配会社の人手不足が問題になっている。ヤフーショッピングでは通常でも「5のつく日」にネット通販のキャンペーンを実施しており、「加盟店舗もノウハウを持っている」(川辺氏)。11月のイベントでも混乱はないとの見方を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]