/

この記事は会員限定です

シェア経済、税務申告簡単に 官民環境づくり急ぐ

[有料会員限定]

民泊などのシェア経済の広がりを受けて、官民が税務申告や納税しやすい環境づくりに乗りだした。国内フィンテック関連の企業は申告書類を自動的につくるサービスなどを展開。シェア経済の担い手と行政が手を組む動きも出てきた。企業と雇用契約を結ばずに働く人や副業する人は1000万人を超える。個人の働き方が大きく変わるなかで申請と納税への対応を急いでいる。

「これがなかったら作品制作に回せる時間は半分。仕事が回ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り898文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン