2019年5月24日(金)

ローソン、島根県立大と商品共同開発 パンなど

2017/10/17 1:00
保存
共有
印刷
その他

ローソンは島根県立大学短期大学部と連携して開発したパンやデザートなどの商品7品目を、24日から順次発売する。いずれも島根県産の食材を使用した。昨年に続く試みで、商品数を昨年の2品目から大幅に増やした。2~3週間の期間限定で、中国・四国の約1300店舗で販売する。

ローソンは島根県産の食材を使った商品を順次発売する

新商品は、抹茶のムースや県産の低温殺菌牛乳、さつまいもクリームなどを使った「秋の抹茶パフェ」(245円)、抹茶の生地につぶあんとホイップクリームをサンドした「抹茶のメロンパン つぶあん&ホイップクリーム」(140円)など。健康栄養学科の学生6人が卒業研究の一環として考案し、県産の牛乳、抹茶、いちじくなどを使った。

ローソンは島根県と県産品の販路拡大などに関する包括協定を結んでいる。地域の食材を使って学生が考案した新商品を広域で扱うことで、同社は地域農業の振興や6次産業化の推進に貢献する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報