/

この記事は会員限定です

党首駆ける 社民・吉田忠智党首、こころ・中野正志代表、存亡かけた戦い

[有料会員限定]

かつて社会党は200人以上が所属し、二大政党の一角を担った。その流れをくむ社民党の公示前勢力は4人。党の存続をかけた選挙だ。

吉田忠智党首自身も2016年の参院選で議員バッジを失った。それでも「代わりに色々な人の話を聞く時間ができた。何でもプラスに変えていかないとね」と笑う。周囲は「顔は怖いけど、根は真面目で優しすぎるくらいの人だ」と話す。

毎朝15分間、健康体操「自彊術(じきょうじゅつ)」と、腹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン