/

この記事は会員限定です

党首駆ける 立憲民主党 枝野幸男代表 背中押され街頭に

[有料会員限定]

「下からの、草の根からの社会に変えていく。新しい旗を掲げ前に進む」。14日のJR新宿駅前。立憲民主党の枝野幸男代表の訴えに、聴衆から拍手と歓声が起きた。

政策通として理路整然と語るスタイルが持ち味だが、今回の選挙戦は少し違う。「右でも左でもなく前へ」「一緒に前に進みましょう」と声を張り上げる。結党表明後、世論の風を感じている。

報道各社の情勢調査で善戦が伝えられ、行く先々では「エダノ、エダノ」と声...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り338文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン