/

「視聴者不快に」と謝罪文 LGBT表現でフジテレビ

フジテレビが9月に放送したバラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」の中で、性的少数者(LGBT)を嘲笑する表現があったと批判が出た問題で、番組公式サイトに16日、「たくさんの視聴者の皆さまがご不快になったことに関し、深くおわびします」とする謝罪文が掲載された。

謝罪文は「子どもたちへの影響、LGBTなどを取り巻く制度改正や社会状況について私どもの認識が極めて不十分だった」などとしている。

番組は9月28日に放送。タレントの石橋貴明さんが約30年前のキャラクター「保毛尾田保毛男」を演じ、他の出演者から「ホモでしょ」と尋ねられる場面などがあった。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン