/

旅客機とドローン衝突 カナダ東部、けが人なし

【ニューヨーク=共同】カナダのガルノー運輸相は15日、東部ケベックシティーの空港に着陸しようとした旅客機と小型無人機「ドローン」が衝突したと発表した。旅客機の機体がわずかに損傷したが、無事着陸し乗客乗員にけがはなかった。カナダで民間機とドローンの衝突が確認されたのは初めて。

北米や欧州などではドローンの利用が増えるにつれ、旅客機と異常接近するトラブルが相次ぎ、問題化している。

衝突が起きたのは12日。地元メディアによると、空港から約3キロ、高度約450メートルを飛行していたスカイジェット航空機の翼部分にドローンがぶつかった。当時乗客6人、乗員2人が搭乗していた。ドローンの持ち主は不明。

カナダでは娯楽目的のドローンについて、空港から5.5キロ圏内での飛行が法令で禁止されている。ガルノー氏は、ドローンに関して航空安全上懸念される事案が今年に入って131件発生していると指摘し、利用者に法令の順守を求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン