大村知事「事実ない」 松井・維新の会代表の「圧力」発言

2017/10/16 15:00
保存
共有
印刷
その他

愛知県の大村秀章知事は16日午前の定例記者会見で、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事の発言に対して反論した。希望の党と距離を置くと大村氏が表明したことを受けて松井氏が「圧力にのみ込まれた」と発言したことに対し、「そういう事実は全くない。人のことを言える立場にはないはずだ」と述べた。

希望の党を巡っては大村氏が顧問に就任すると同党が5日に発表した後、取り消した。小池百合子東京都知事が党顧問を大村氏が求めたとして「解せないところもある」と発言したことに対し、大村氏は9月29日に小池氏と電話した際に「希望の党で何かやったほうがよいかと打診した」と説明。小池氏は「規約があるので相談する」と答え、会話が終わったという。

大村氏は「6日間は何もなく、10月5日に突然発表され、驚いた」と発表後に取り消しを要請したとしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]