元閣僚、牙城切り崩し合戦 区割り変更の三重2区

2017/10/16 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

区割りが変更され、三重県は小選挙区が5から4に減った。これに伴い、元閣僚同士の一騎打ちの構図となったのが2区(鈴鹿、亀山、伊賀など5市)だ。元厚生労働相で自民党の前職、川崎二郎氏(69)と、元文部科学相で無所属の道を選んだ前職、中川正春氏(67)。新区割りで互いに未開の地を抱える。新たな地盤を築けるか。

■川崎氏「私の力を鈴鹿のために」

鈴鹿こそが主戦場だ――。公示日の10日朝、川崎氏の姿が同市の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]