/

この記事は会員限定です

ベイン日本代表「魅力的な日本企業、まだ多い」

[有料会員限定]

東芝の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」を買収する日米韓連合を率いる米投資ファンド、ベインキャピタルの杉本勇次日本代表が15日、日本経済新聞の取材に応じた。ベインにとり日本市場の存在感は高まっており、投資先として「魅力的な企業はまだまだ多い」などと語った。主なやりとりは次の通り。

買収完了後ならWD合流の可能性

――米ウエスタンデジタル(WD)が仮に「(東芝メモリ買収の)日米韓連合に合流したい」と提案してきたら、どう対応するのか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1364文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン