2019年3月19日(火)

ソマリア首都で爆弾テロ、231人死亡 「過去最悪」

2017/10/15 21:33 (2017/10/16 0:19更新)
保存
共有
印刷
その他

【カイロ=共同】ソマリアの首都モガディシオ中心部で14日、爆弾を満載した大型トラックが爆発し、AP通信によると15日までに計231人が死亡し、275人が負傷した。犠牲者数はさらに増える恐れがある。アブドラヒ大統領は、国際テロ組織アルカイダ系の過激派アルシャバーブによるテロと断定し「罪のない市民ばかりが無差別に標的となった」と非難した。

政府高官は同国で過去最悪規模の爆発だと語った。アルシャバーブはソマリア政府や軍を狙ったテロを繰り返しているが、今回は犯行声明を発表していない。

爆発現場は首都中心部の政府機関やホテルが並ぶ人口密集地。現地からの映像などによると、有名ホテルの正面で大型トラックが爆発し、ホテルが倒壊した。がれきの下に埋もれた被害者の救出作業が夜通し続いた。

最初の爆発の約2時間後にも、市内の別の場所で車が爆発した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報