インターン、9割超が実施 18年度採用調査
18年度日経採用調査

2017/10/16 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人手不足を背景に企業間の人材獲得競争が激しくなる中、いち早く学生との接点を持ちたい企業が増えている。調査ではインターンシップ(就業体験)を実施している企業が全体の9割超に達した。経団連の指針で面接が解禁される4年生の6月より前に選考した企業も5割を超えた。

インターンの期間で最も多かったのは「1日」で、43.4%を占めた。「1週間前後」が19.2%で続いたが、「半日」も10.1%となった。経団連…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]