/

この記事は会員限定です

「変なホテル」東京や大阪にも HIS、10施設計画

[有料会員限定]

エイチ・アイ・エス(HIS)は12月から、ロボットが接客して省力運営する「変なホテル」を都市部で展開する。2018年度までに東京と大阪、京都、福岡に計10施設を新設する。投資額は約250億円の見通し。人手不足が深刻になる中、通常の4分の1ほどの少人数で運営する。

東京都内では年内に西葛西に開き、18年中に築地や浜松町、浅草橋、赤坂といった訪日客やビジネス客需要が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン