2017年12月15日(金)

習近平氏の思想、党規約に明記承認 7中全会が閉幕
重慶市前トップの処分確定

中国共産党大会
中国・台湾
2017/10/14 21:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【北京=永井央紀】中国共産党の第18期中央委員会第7回全体会議(7中全会)は14日、習近平総書記(国家主席)の政治思想・指導理念を盛り込んだ党規約改正案を承認して閉幕した。18日からの党大会で改正を正式決定し、習氏の権威を一段と高める。汚職で失脚した孫政才・前重慶市党委書記ら12人の党籍剥奪処分も確認した。

 7中全会は、5年に1度開かれる党大会の議題を党指導幹部の中央委員(約200人)らで事前に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報