現場頼み限界 綻ぶ日本の製造業 問われる経営力

2017/10/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の製造業への不信が広がっている。日産自動車の無資格者検査に続き、神戸製鋼所でデータの改ざんの常態化が発覚した。世界に「メード・イン・ジャパン」の名声を広げた名門企業の現場はなぜ綻んだのか。

三重県いなべ市にある神鋼の大安工場はアルミの生産技術を結集したような現場だ。大音量とともにアルミ板を打ち抜いて次々と自動車のサスペンションを作る量産工場の隣に、砂の型枠にアルミを流し込む作業場がある。

職…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

広がる神鋼データ改ざんの波紋

日産の無資格検査問題は

電子版トップ



[PR]