/

この記事は会員限定です

原発再稼働、争点に浮上 地域経済の支え、戸惑いも

[有料会員限定]

衆院選直前にできた希望の党が唱える「原発ゼロ」に向けた訴えが野党各党も巻き込み、停滞しがちだったエネルギー政策論争に一石を投じている。立地自治体の地域経済にとって原発の存在は大きく、一足飛びで「脱原発」とはいかないのが実情だ。九州の原発がある選挙区でも、有権者、候補者双方が戸惑いながら、改めて原発問題に向き合おうとしている。

「ここには色々な人が来る。原発に反対する人も原発で働く人も、一緒になって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン