2017年12月18日(月)

南都銀、事務作業を自動化 働き方改革へソフト導入

金融機関
関西
2017/10/14 0:00
保存
共有
印刷
その他

 南都銀行は13日、定型的な事務作業を自動化するシステムを本格導入したと発表した。作業時間を短縮し、働き方改革につなげる。マイナス金利の厳しい収益環境の中、事務コストの削減も狙う。南都銀によると近畿の地銀でこうしたシステムの本格導入は初めて。

 NECのRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ソフトを導入した。パソコンによる操作手順を記憶させれば設定通りにデータ取得、入力、確認などを自動化できる。7月から実証実験し、効果を確認した。奈良市の事務センターを中心に導入する。

 投資信託の購入・換金の伝票を作成して入力する場合、日々の1人の作業は60~90分かかっていた。RPAソフトを使えば10分程度に短縮できるという。人的ミス削減の効果も見込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

南都銀行NEC



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報