商店5割「東京五輪に期待」 西日本観光調査、神戸66%・大阪54%

2017/10/14 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西日本の商店街店舗の52%が2020年の東京五輪・パラリンピックによる集客増や地域活性化を期待している。日本経済新聞社が実施した初の西日本観光調査で明らかになった。「期待する」と回答した店舗は神戸で66%、大阪が54%で、長崎は46%だった。一方、21年に関西を舞台に開かれるワールドマスターズゲームズへの期待度は3割に届かなかった。

19年のラグビーワールドカップ(W杯)を「期待する」は西日本全…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ラグビーW杯日本大会まで2年

電子版トップ



[PR]