「マザー工場」再び脚光 製造業の6割、国内に

2017/10/13 21:33
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 企業の競争力の源泉となる「マザー工場」を国内で拡充する動きが広がっている。日本政策投資銀行(DBJ)が初めてまとめた調査で国内に同工場を持つ製造業は6割近くに上った。海外の人件費上昇や円安定着などで企業による生産拠点の国内回帰が強まり、最先端の技術開発を担うマザー工場の機能強化が再び脚光を浴びている。

 「日本のものづくりをもう一度強化する」。ホンダの八郷隆弘社長は強調する。同社は4日、2021年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 2:00
20日 22:00
東海 2:00
1:31
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 2:12
2:00
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報