/

この記事は会員限定です

AI研究を実業に はこだて未来大の松原仁教授

[有料会員限定]

「AI(人工知能)で社会が直面する課題を解決したい」。2016年7月に公立はこだて未来大学の大学発ベンチャー、未来シェア(函館市)を設立、社長に就任した。今春には検査システム開発のAIハヤブサ(函館市)の取締役にも就いた。ともにAIを活用して社会が抱える課題の解決を目指す企業だ。

東京都で生まれ、「鉄腕アトム」に感銘を受けてエンジニアの道に入った。東大や電子技術総合研究所(現・産業技術総合研究所...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン