2017年12月15日(金)

商工中金、社長報酬ゼロに、不正融資問題で
社内処分500人規模か

金融機関
2017/10/13 20:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 政府系金融機関の商工組合中央金庫(商工中金)は13日、危機対応融資を巡る不正を受け安達健祐社長らの引責辞任までの報酬をゼロにするなど大規模な社内処分の検討に入った。不正行為をした職員とその上司を含め対象者は500人規模に膨らむ可能性がある。不正に関与した支店は全体の9割。処分者も営業関連職員の3分の1を占める見通しで、経営責任を免れなくなった。

 商工中金は米リーマン・ショックや東日本大震災などで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報