/

中部電、武豊火力建設へ 環境影響「問題なし」

中部電力は13日、武豊火力発電所(愛知県武豊町)の新設計画について、経済産業省から環境影響評価書の確定通知を受けたと発表した。経産省が評価書の内容に問題がないと判断したという。中部電は来年5月に工事を始める計画だ。

中部電は老朽化した石油火力を廃止し、2022年に出力107万キロワットの石炭火力を稼働する計画。今年8月、当時の山本公一環境相が二酸化炭素(CO2)排出量の増加を懸念し、具体的な排出削減策を求める意見書を経産相宛てに提出していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン