日経平均、21年ぶり2万1000円台回復 今年最長の9連騰

2017/10/13 20:30
共有
保存
印刷
その他

 株式相場の上昇に弾みがついている。13日の東京株式市場で日経平均株価は9日連続で上昇し、前日比200円(0.96%)高の2万1155円で取引を終えた。日経平均が終値で2万1000円台にのせるのは約21年ぶりで、9日続伸は今年最長となる。景気や企業業績の好調を背景に世界的な株高が続く中、相対的に出遅れた日本株に資金が戻ってきている。

 日経平均は1996年11月27日(2万1345円)以来の高値を回復した。9日続伸は16年12月(6~16日)以来で、9日間の上昇幅は798円(3.9%)となった。

 株高の背景には今月下旬から本格化する日本企業の決算発表に対する期待がある。英アバディーン・スタンダード・インベストメンツのアンドリュー・ミリガン氏は「企業業績が堅調で、日本株の先行きにやや強気になっている」と話す。13日は前日に好決算を発表したファーストリテイリングが6%高となるなど業績がいい銘柄に海外勢などから資金が流入した。

 北朝鮮リスクや円高懸念が重荷となり、日本株は世界株の中で出遅れていた。「割高な米国株を売り、相対的に割安な日本株を買う動きが出ている」(フィデリティ投信の福田理弘氏)という。

 22日投開票の衆院選で自民、公明両党が現時点で優勢な点も日本株には追い風だ。アセットマネジメントOneの鴨下健氏は「外国人投資家は政権安定を重視するため、海外マネーが日本株市場に入りやすい環境が整ってきた」と話している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 21日 2:00
21日 2:00
関東 21日 12:22
21日 2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 21日 2:00
20日 22:00
東海 21日 22:15
21日 20:30
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 21日 18:17
21日 16:16
中国 21日 2:00
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
21日 19:43
21日 12:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報