2018年6月22日(金)

6/22 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 反落、米景気に警戒感 13週平均が下支え
  2. 2位: 弱気相場入りした上海株 貿易摩擦懸念、IPO熱気冷め[有料会員限定]
  3. 3位: 株、割安放置 ちぐはぐ相場に隠された下落リスク[有料会員限定]
  4. 4位: 投資破綻リスク、中国人投資家の甘え[有料会員限定]
  5. 5位: 不二製油、株価堅調を演出した黒子の変身[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,516.83 -176.21
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,460 -140

[PR]

ポジション

フォローする

金相場に売り材料2つ FRB次期議長と資産圧縮

2017/10/13 22:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 世界的な地政学リスクや米連邦準備理事会(FRB)の追加利上げへの観測をひとまず折り込み、金相場は狭い範囲の値動きになる気配が漂う。ただ次期トップ人事など、FRBの金融引き締めが想定以上に進むとの思惑を招く材料は残ったままだ。年末にかけ急落する局面もありそうだ。

 ニューヨーク市場の金先物価格は日本時間13日夕の時間外取引で1トロイオンス1290ドル台後半で推移する。北朝鮮の度重なるミサイル発射で地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

相場と投資を読み解く

13日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

ビジュアルデータ

新着記事一覧

読まれたコラム