2017年12月15日(金)

陽気一転、各地で肌寒さ 関東中心に気温低下

2017/10/13 19:04
保存
共有
印刷
その他

 北からの寒気の影響で、東日本では13日、関東を中心に気温が大きく下がり、肌寒さを感じる日となった。高気圧に覆われて暖かかった12日と比べ、前橋市などでは気温が10度以上も低下。今後も1週間程度は最高気温が20度に届かない日が多くなりそうで、気象庁は体調管理に注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、南からの暖かい空気が流れ込んでいた前線が日本の南岸まで南下。北寄りの風が強まって寒気が流れ込み、各地で雨や曇りの天気となった。

 13日の最高気温は前橋市が12日より12.3度低い15.7度だったのをはじめ、東北南部から関東甲信にかけての各地で10度以上も低くなり、11月並みの寒さとなったところが多かった。東京都心も9.2度低い19.8度で、10月下旬並みだった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報