独バイエル、農薬・種子事業の一部を7800億円で売却

2017/10/13 23:00
保存
共有
印刷
その他

【フランクフルト=深尾幸生】医薬・農薬大手の独バイエルは13日、欧州化学最大手の独BASFに農薬・種子事業の一部を59億ユーロ(約7800億円)で売却すると発表した。バイエルは種子大手の米モンサントの買収で合意しているが、独占禁止当局による承認が遅れている。同事業の売上高の約13%を切り離し、独占が進むとの懸念を払拭する狙いだ。

売却するのは13億ユーロの売り上げに相当する除草剤や、インドと南米…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]