/

VR開発のナーブ、三菱地所などが4.6億円出資

■ナーブ(東京・千代田) 9月末に三菱地所やニッセイ・キャピタルなど4社から第三者割当増資による約4億6000万円の出資を受けたと発表した。ナーブはVRゴーグルを使い、実物の住宅の室内にいるような360度画像を体験できるシステムを開発。三菱地所や東急リバブルなど、不動産業界を中心に導入が広がっている。

最近では全日本空輸と共同でゴーグル端末を使い、疑似旅行が体験できるサービスを開発するなど用途を広げている。ナーブは仮想現実感(VR)コンテンツ開発会社。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン