2017年12月15日(金)

米韓両軍、16日から合同演習 原子力空母が参加

北朝鮮
朝鮮半島
2017/10/13 18:25
保存
共有
印刷
その他

 【ソウル=山田健一】韓国海軍は13日、米韓両海軍が朝鮮半島沖の日本海や黄海で16日から20日まで合同演習を実施すると発表した。米海軍から原子力空母ロナルド・レーガンが参加する。北朝鮮が朝鮮半島沖への来訪に強く反発する空母打撃群をテコに強固な米韓同盟を誇示。弾道ミサイルの発射実験や核実験を繰り返す北朝鮮をけん制する。

 発表によると、演習にはロナルド・レーガンのほか、韓国のイージス艦、両国の潜水艦など40余りの艦艇が参加する。両国の陸軍、海軍とも連携し、海上封鎖や対艦・対空艦砲射撃訓練などを実施する。韓国海軍の司令官は13日、「北朝鮮の多様な挑発の脅威に備える」と説明した。

 在韓米軍関係者によると、米原子力潜水艦「ミシガン」が同日までに南部の釜山港に入港した。ミシガンも演習に参加するとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報