2017年12月14日(木)

北海道電力 泊原発に新防潮堤建設へ 

環境エネ・素材
北海道・東北
2017/10/13 19:15
保存
共有
印刷
その他

 北海道電力が泊原子力発電所(北海道泊村)に、新たな防潮堤を建設する方針を固めたことが13日わかった。泊原発の防潮堤は大規模な地震による液状化で沈下するおそれが指摘されていた。地下深くにある固い岩盤に直接くいを打ち込んで安全性を高める。対策費用が膨らむほか、安全審査が遅れる可能性もあり、再稼働の時期はさらに不透明な状況になった。

 新たな防潮堤を建設する方針はすでに原子力規制庁に伝えた。設計作業はこれからで着工時期や費用は未定。北電は2014年に海抜16.5メートル、全長1250メートルの防潮堤を造成した。ただ1000メートル分は盛り土によるもので液状化の可能性があった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

北海道電力泊発電所



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報