2017年12月14日(木)

12/14 17:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 22,694.45 -63.62
日経平均先物(円)
大取,18/03月
22,630 -70

[PR]

業績ニュース

外食大手、6社が営業増益 ハイデ日高やサイゼリヤ 低価格・新商品で伸びる

2017/10/13 20:30
保存
共有
印刷
その他

 外食6社の2017年3~8月期決算が13日、出そろった。17年8月期のサイゼリヤを含め6社とも営業増益だった。価格を抑えた「お手ごろメニュー」で新商品を出したり、「ちょい飲み」需要を取り込んだりして既存店売上高が伸びた。人手不足は共通の悩みで、今後、人件費が収益の重荷になる可能性がある。

 「新メニューの『エビ辛とんこつつけ麺』が人気だった」と話すのは、ハイデイ日高の高橋均社長だ。デフレ下で業績を伸ばしてきた外食各社も定番メニューの低価格戦略だけでは顧客に飽きられるだけ。ハイデ日高はサラリーマンのちょい飲みも取り込み、3~8月期の既存店売上高が2%増。営業利益は6年連続で過去最高だった。

 既存店売上高が3%伸びたサイゼリヤも税込み500円のランチメニューを改定した。「粉チーズの品質を上げるなど、地道な見直しを進めた」(堀埜一成社長)という。夕食時間帯に注文を追加する顧客が増え、17年8月期の客単価は726円と、前の期に比べて6円上昇した。

 ドトール・日レスホールディングスは主力の「ドトールコーヒーショップ」で青森産のリンゴジュースや、宇治抹茶を使ったデザート感覚の飲み物などの新メニューを提供。13日発表した3~8月期の連結決算は営業最高益だった。

 業態転換や値上げで収益を伸ばしたのはクリエイト・レストランツ・ホールディングス。13日発表した営業利益は36億円と6%増えた。郊外で展開していたビュッフェをステーキ食べ放題の「ビーフラッシュ」に衣替えした効果が大きい。

 吉野家ホールディングスリンガーハットは来店客は減ったが、増益を確保した。リンガハットは長崎ちゃんぽん店で値上げを打ち出した後もリピーターが絶えず、3~8月期の増収率は7%と、6社の中で最も高い。

 ただ、アルバイトなどの人件費を中心にコスト管理は課題だ。ハイデ日高とリンガハットは売上高が伸びたほどに、営業利益を稼ぐことができず利益率が悪化した。

 3~8月期決算を発表した5社ともに通期見通しを据え置いた。サイゼリヤは18年8月期に増収増益を見込むが、ここ数年20%前後だった営業増益率は11%に鈍化する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

新着記事一覧

読まれたコラム