京セラ、複合機中核部品で中国新工場 能力2.5倍 

2017/10/13 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 京セラは複合機の中核部品を増産する。中国・広東省の生産拠点に25億円を投じて新棟を建設し、生産能力を2.5倍に高める。生産ラインを全自動にして作業員数を従来比で9割以上減らし、中国の人件費増にも対応する。オフィス需要が高まる中国やアジア向けの複合機に搭載し、成長余地が大きい新興国での販路拡大を急ぐ。

 増産するのは感光体ドラムという部品。帯電によってトナーを付着させ、紙に転写するアルミ製の筒だ。摩…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 13:42更新
9:41
東北 16:46
22日 20:18
関東 16:46
2:22
東京 18:34
15:28
信越 0:14
21日 2:00
東海 14:00
14:00
北陸 2:18
20日 21:30
関西 17:00
2:18
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
12:00
11:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報