2017年12月16日(土)

内航船、用船料横ばい 今年度下半期 海運会社が値上げ応じず

2017/10/13 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 鋼材などを運ぶ内航貨物船の2017年度下半期のチャーター料(用船料)が横ばいで決着した。据え置きは3期連続。船員不足による人件費上昇に苦しむ船主側は値上げを求めていたが、海運会社は荷主の鉄鋼メーカーから受け取る運賃が上がっていないことを理由に抵抗していた。

 海運会社が船を借りる際に船主に支払う用船料は、半年に1度交渉するケースが多い。指標となる一般貨物船(載荷重量約1600トン、建造10年前後)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

用船料海運会社



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報