2017年12月12日(火)

ヒアリを68港中10港で確認 環境省

2017/10/13 17:30
保存
共有
印刷
その他

 環境省は13日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」について、海外の定着国との定期コンテナ航路がある68港湾で生息調査をした結果、これまでに確認されたのは10港との中間まとめを発表した。

 港湾関係者や自治体などからの通報が端緒となった例も含め、これまでの国内でのヒアリ確認は11都府県の計21件となっている。

 68港湾の調査は8月に始まり、目視点検と捕獲用容器の設置を3巡繰り返す計画で、大半の港湾で2巡目を終えた。ヒアリは1巡目に清水港と広島港で、2巡目に名古屋港と北九州港で見つかった。残りの6港は、港湾関係者や自治体関係者からの通報などで見つかった。10月中に3巡目の調査も終える予定。

 環境省は7月末から、ヒアリが確認された場所の周辺2キロ圏に範囲を広げた生息調査も実施しており、これまでに北九州市でヒアリが見つかったが、繁殖の可能性は低いとみている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ヒアリ環境省



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報