/

この記事は会員限定です

「毛皮不使用」日本の化学に追い風 フェイク技術誇る

[有料会員限定]

ファッション業界で動物の毛皮を製品に使わない動きが広がってきた。イタリアの高級ブランド「グッチ」のマルコ・ビッザーリ最高経営責任者(CEO)は11日、ロンドンで開かれた講演会で、来年から毛皮を使用しないと宣言。イタリアの「アルマーニ」や英国の「ステラ・マッカートニー」なども毛皮不使用を打ち出している。代替品として注目されるのが人工毛皮、いわゆる「フェイクファー」だが、実はこの分野、三菱ケミカルホールディングスカネカなど日本の化学企業が高い技術...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン