/

この記事は会員限定です

米アフラック、円建てハイブリッド債を発行 海外企業で初

[有料会員限定]

円建て外債を発行する海外企業が相次いでいる。米生命保険大手のアフラックは近く、円建ての劣後特約付き社債を発行する。発行総額は600億円程度の見通し。発行額の半分相当が資本とみなされる「ハイブリッド債」で、普通社債より高利回りな半面、弁済の優先順位は低い。海外企業が円建てでハイブリッド債を出すのは初めて。

アフラックは日本でがん保険の販売などで知名度が高く需要があると判断した。今回は償還までの期間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン