/

この記事は会員限定です

好調サムスン、半導体戦略が奏功 東芝を引き離す

[有料会員限定]

【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子が13日発表した2017年7~9月期の連結決算の速報値は、営業利益が14兆5千億ウォン(約1兆4500億円)と前年同期の2.7倍になった。過半を半導体部門が稼いでいるもようだ。NAND型フラッシュメモリーで競合する東芝との収益差は一段と広がっている。

サムスンの連結営業利益は4~6月期の14兆1千億ウォンを上回り、2四半期連続で四半期ベースの最高益を更新する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン