2017年12月15日(金)

衆院選2017

フォローする

選挙後に嵐の予感 くすぶる参院民進問題

衆院選2017
コラム(経済・政治)
政治
2017/10/13 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 22日投開票の衆院選の論戦が続くなか、早くも選挙後をにらんだ野党再々編を探る動きが表面してきた。日本経済新聞などの序盤情勢調査で希望の党が伸び悩む現状を踏まえ、民進党に残った参院議員が党分裂でバラバラになった前衆院議員らに再結集を呼びかけている。選挙結果を待たずして、すでに嵐の予感が漂い始めた。

 発火点は民進党参院だった。「参院議員の過半の人が希望に行かない意思表明をしている」。小川敏夫参院議員…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

主要ジャンル速報



選挙情勢 (紙面PDF)

党派別立候補者数
  合計 小選挙区 比例代表 公示前
自 民 332 277 313 290
希 望 235 198 234 57
公 明 53 9 44 34
共 産 243 206 65 21
立 民 78 63 77 15
維 新 52 47 52 14
社 民 21 19 21 2
こころ 2 0 2 0
諸 派 91 44 47 0
無所属 73 73 39

※諸派は幸福実現党など。公示前勢力は衆院解散後の党派の移動を反映した