/

神鋼系、未使用の原発配管で記載不備 東電福島第2

東京電力ホールディングスは13日、福島第2原子力発電所の設備用に納入された神戸製鋼所子会社の配管で、寸法を測定せずに書類に記載されていた製品があったと発表した。

神鋼子会社の神鋼メタルプロダクツから報告を受けた。配管は交換用で、同原発の倉庫に保管されている。発電所では使用されておらず、発電所の安全には問題ないという。

納入された製品は、同発電所3号機の残留熱を冷却する系統の配管で、交換用チューブとして納入されていた。

神鋼メタルプロダクツの基準では配管の両端の寸法を測る必要があったが、実際には片側のみしか測定していなかった。仕上がりを示す書類にはもう片側の寸法に想定される数値を記載していた。片側のみの測定でも東電や日本工業規格(JIS)の基準では問題はないという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン